静けさの中に佇む歴史と文化財の空間

くるみ材をふんだんに使用した落ち着きある店内。ごゆるりとお寛ぎください。

dining楽は、明治時代に建築された古民家を改修して造られました。
海野宿(うんのじゅく)に佇む貴重な文化財とも言える建物です。

江戸時代に海野宿は宿場町として栄え、幸運にも開発されることなく
歴史ある景観は現代にその姿をとどめています。
当施設は、明治時代に養蚕が盛んに行われた時代の
裕福な民家の名残りが感じられ、趣のある造りになっています。

店内画像1 店内画像2 店内画像3

歴史

施設内には当時使われていた道具や家具などが若干ですが設置されており、
海野宿で暮らしていた人々の生活を垣間見ることができます。

店内画像4 店内画像5 店内画像6
店内画像7 店内画像8

季節の海野宿

古いものはいいものだ。

時間の流れがゆっくりしている。

木の温もりは気持ちを落ち着かせてくれる。

街の気配が懐かしさで包んでくれる。

歴史を重ねるとは魅力に奥行きを出すものだ。

観光化をあまりしないという。

商業化も控えるという。

守られてきた生活感がこの町の魅力だ。

創りものでない、にじみ出るものだから余計に価値がある。

幻想的な景観と共に食を楽しむ。

夜の帳がおりると昼とはうってかわって、
施設全体がライトアップされ、幻想的な雰囲気に一変します。
歴史の空気漂う建物が醸し出す厳かな雰囲気は、
誕生日や記念日でのご利用にも最適です。
大切な方との食事や語らいの場として、
ごゆっくりとステキな時間をお過ごしください。